ブラックジャックで勝率を上げるためのストラテジーの活用

カジノゲームの中でも人気の高いブラックジャックはディーラーと勝敗を競うカードゲームです。
理論上の勝率は約50%となるゲームですが、プレイヤーはバーストすると負けが確定するため、「ヒット」・「スタンド」の選択が勝敗を左右するゲームでもあります。

このブラックジャックを戦略的に攻略し、勝率を高めるためにベーシックストラテジ―と呼ばれるチャートが存在します。
これを活用することで勝率を向上させられると聞きますがどのようなものなのかを見ていくことにします。

ブラックジャックのベーシックストラテジーとは

ブラックジャックのベーシックストラテジーとは
ベーシックストラテジ―を日本語訳すると「ベーシック」は「基本」となり、「ストラテジー」は「戦略」と日本語訳できます。
つまり、ベーシックストラテジーとは「基本的な戦略」を意味しています。

ブラックジャックはカードを利用するゲームです。
それぞれのカードは決まった枚数あり、ディーラーのアップカード、プレイヤーのハンドに利用されたカードによって、次のカードを引く場合の起こるべく事象に確率が生じます。

例えば、プレイヤーのハンドが[16]だった場合、理論上、バーストする確率はおおよそ算出することが可能です。
この場合、6以上のカードを引く場合にバーストするので約13分の7(54%)の確率でバーストすることが予測できます。

このように確立に注目しつつ、勝つ確率の高い選択を示すのが「ベーシックストラテジ―」です。

ブラックジャックのベーシックストラテジーの指標は

ベーシックストラテジ―の指標として活用するのは2つの材料があります。
1つは、ディーラーのハンドのうち見せ札となっているアップカードです。
このアップカードはディーラーのハンドを推測するのに重要なカードになります。

もう一つは、プレイヤーのハンドです。
プレイヤーに配られた2枚のカードが2つ目の指標となるものになります。

ディーラーのアップカードとプレイヤーのハンドの3枚のカードから確率上最も高い勝率が予測できる次のアクションを示すのがベーシックストラテジーなのです。

ブラックジャックのベーシックストラテジーの種類

ブラックジャックのベーシックストラテジーの種類
ブラックジャックのベーシックストラテジーには種類があります。
プレイヤーのハンドが「ハードハンド」・「ソフトハンド」・「ペア」の場合の3種類です。
「ハードハンド」とは、[A]を含まないハンドのことを指す言葉で、一方、「ソフトハンド」は2枚のカードのうちの1枚が[A]であるハンドを指す言葉です。
「ペア」は2枚とも同じ数字のカードのハンドを指します。

ブラックジャックのベーシックストラテジーは、プレイヤーのハンドによって3種類のストラテジーチャートが存在します。
そして、それぞれのストラテジーにおいてディーラーのアップカードによって、勝ちが最も期待できるアクションが示されています。

ブラックジャックのベーシックストラテジーで示されるアクション

ベーシックストラテジーで示されるアクションは「ヒット」・「スタンド」・「ダブルダウン」・「スプリット」の4つのアクションです。

チャート上では、「ヒット」は[H]と表記され、「スタンド」は[S]、「ダブルダウン」は[D]、「スプリット」は[P]と示されます。

横軸にディーラーのアップカードは[2]の場合から[A]の場合までが分類されていて、縦軸にはプレイヤーのハンドが示されます。
それぞれがクロスする部分に示されたアクションの選択が最も勝ちが期待できるアクションとなります。

ブラックジャックのベーシックストラテジーのメリットは

ブラックジャックのベーシックストラテジーのメリットは
ベーシックストラテジ―は勝ちを保証するものではありません。
時に負けることもありますが、確率論上、最も勝ちが期待できるアクションを選択できるメリットは大きいと言えます。
言い換えれば、常に最善の判断が行えることにつながりますので非常に有用な戦略ということができるのです。

合わせてカウンティングを行うことでその効果はさらに上がります。
少なくとも[10]とカウントするカードのカウンティングだけを行うことでもその効果は格段に上げる事が可能になります。

ブラックジャックのベーシックストラテジーのまとめ

ブラックジャックの基本戦略を示すベーシックストラテジーは、確率論に基づき、最も勝つことが期待できるアクションを示すチャートです。
常勝こそ期待できませんが、確実に勝率を向上させることは確かな手法です。
その為、このストラテジーを活用しないという選択肢はないと言っても過言ではありません。

しかし、一方で確率論はあくまでも確率論であるという側面を忘れてはいけません。
確率上、出現の期待値が低い事象が起こるのもまた事実です。

ですから、極度の過信は禁物との側面を忘れてはいけません。
1回の勝負でベーシックストラテジーを過信するのは避けるべきことであり、長い勝負でベーシックストラテジーを活用するのが理想ということです。
これを活用することで誰もが簡単に最も勝ちが期待できるアクションを選択できるようになるのですから、ブラックジャックのベーシックストラテジーは非常に魅力の高い戦略ということができるのです。

コメントを残す