ハイレベルな安全性と利潤が保証されたギャンブル

運営は海外政府によって認められている

運営は海外政府によって認められている
日本初のカジノの誕生が近づくにつれ、オンラインカジノの人気も高まりを見せていますが、オンラインカジノがどのように運営されているのかわからない方も多いと思います。

まず、オンラインカジノはヨーロッパを中心とする海外のギャンブルで、日本で運営されているオンラインカジノは一つもありません。
サイトがすべて日本語であっても、それは言語表示を日本語としているだけで、運営会社も決済会社もゲームを作っているソフトウェア会社も、すべて海外に拠点を置いている会社です。
オンラインカジノが提供しているサービスの中の、ほんの一端でも日本の会社が関わっていると違法ギャンブルとなり、賭博罪によって処されることになります。

オンラインカジノが法に触れず日本国内から利用できるのは、サービスのすべてが海外から提供されているからです。
インターネットで繋がっていても、サービスの提供先が海外にあるのならば、それはマカオやラスベガスに旅行に行きカジノを利用することと変わりません。
こうしたすべてのサービスが海外から提供されているため、オンラインカジノは日本国内から利用しても違法にはあたらないのです。

そもそもオンラインカジノを運営するには、海外政府からライセンスを発行してもらわなければなりません。
このライセンスの発行審査は、運営会社のこれまでの運営内容・実績の調査から、ソフトウェアの公平性のチェック、決済サービスの安全性のチェック、背後関係の調査まで、半年以上という長い時間をかけて行われます。
審査の基準もかなり厳しく、一流と呼ばれる企業であっても審査落ちしてしまう場合もあるほどです。
このような海外政府の長く厳しい審査を受けなければオンラインカジノの運営はできないので、現在ライセンスを取得し合法運営しているオンラインカジノは、安全で安心できるオンラインカジノであると言えるでしょう。

そして、オンラインカジノではソフトウェアと決済を運営会社とは別の外部の会社に任せ、運営会社がゲームのソフトウェアを不正に操作したり、出金を遅らせたりできないような仕組みを取っています。
運営会社がゲームや決済に関わると、どうしても利益を優先してしまうので、プレイヤーにとって不利となる行動を取ってしまう可能性があります。
ゲームのソフトウェアと決済を別の会社が受け持っていれば、運営会社がプレイヤーに不利となる不正を働くことができなくなりますし、それぞれの会社が自然と互いのサービスの安全性を監視するようになるので、いつでも安全で健全なギャンブルの提供をできるようになります。

オンラインカジノはこのように運営会社、ソフトウェア会社、決済会社が独立しそれぞれに支え合うことにより、常に高い安全性を維持することができています。

第三者監査機関による定期的な監査を受けている

第三者監査機関による定期的な監査を受けている
オンラインカジノはライセンスの取得後も安全性、公平性を審査する第三者監査機関の監査を定期的に受けることになります。
この第三者監査機関の監査をクリアできないと、パスできなかった項目を改善するまで運営停止となってしまうこともあります。
そのため、オンラインカジノはいつでも高い安全性と公平性を維持するために並々ならぬ努力を続けています。

その第三者監査機関の中でも代表的なのがeCOGRAとTSTです。
eCOGRAはオンラインカジノ業界においてとても有名な監査機関で、監査の厳しさはオンラインカジノ業界ナンバーワンとなっています。
長年運営している大手のオンラインカジノでさえ、一度で監査のすべてをパスすることができないと言われているほど監査内容は厳しいものとなっています。
特にお金の流れに関しては徹底的にチェックされるので、プレイヤーが不利になるような不正な運営を行っていると運営停止に追い込まれてしまいます。

TSTはゲームのソフトウェアの公平性のチェックに厳しい監査機関で、オンラインカジノだけではなく実際のカジノ店のスロットマシーンや宝くじなどの監査も行っています。
TSTの監査もeCOGARAの場合と同じく徹底して行われるので、中途半端な運営をしているとTST側に運営内容の改善を求められます。
オンラインカジノはこうして第三者監査機関による厳しい監査を定期的に受けているので、いつ利用しても安全に楽しむことができます。

オンラインだからこそできる高還元率

オンラインだからこそできる高還元率
オンラインカジノは数あるギャンブルの中でも還元率が高く、その還元率はなんと95%以上となっています。
これはどういうことかというと、オンラインカジノに使った資金のうち95%が手元に戻ってくるということです。
日本のギャンブルの中でもっとも高い還元率となっているのはパチンコなのですが、その還元率は85%前後となっているので、オンラインカジノがどれくらい勝ちやすいギャンブルであるかがわかると思います。

なぜこれほどの高還元率で運営を続けることができるのかというと、それはカジノ店とは違い運営に必要な諸費用を安く抑えることができるからです。
カジノ店の場合は多くの人を雇わなければなりませんし、豪華な装飾も必要なので光熱費も莫大な金額になります。
オンラインカジノはオンライン上に存在することで、そうした人件費や光熱費をかなり安く抑えることができるので、その抑えられた諸費用分を還元率にあてています。

還元率が高くなればなるほど運営側の手取りが減ってしまいますが、オンラインカジノは世界中にプレイヤーを持っているので、95%以上の高還元率であっても十分に利益を得ることができます。
これほどの高還元率ならばカジノゲームにまったく触れたことのない方でも十分に勝つことができるので、勝ちの喜びを感じながら楽しんでゲームをプレイすることができます。

コメントを残す