勝率が下がっても利益を出しやすい攻略法

勝率が下がっても利益を出しやすい攻略法
ココモ法もまた、オンラインカジノをはじめとするギャンブル全般で活用できるベット術です。

ココモ法はマーチンゲール法を変形・応用させたものです。
そのため、マーチンゲール法を理解しておくと比較的すんなり受け入れられるものでしょう。
更には、マーチンゲール法以上に大きな利益を狙えると評判の攻略法でもあります。

ココモ法の基本的な考え方

ココモ法はマーチンゲール法を応用したものです。
そのため、基本的な考え方としてはマーチンゲール法と似ています。

マーチンゲール法は負けたらベットを倍にしていくもので、勝利と共にそれまでの負けを帳消しにできるものです。
テーブルリミット、軍資金といった注意点はありますが、2倍の遊戯であれば勝率は50%なのでいずれ勝利するとの考え方が根底にあります。

ココモ法の場合、負けた際に「直近二回」のベット額を加算します。
マーチンゲール法よりもアグレッシブなことが分かるかと思いますし、2倍配当ではなく3倍配当の遊戯で試すベット術です。

3倍と2倍配当の遊戯では勝率も異なります。
2倍であれば50%、つまり2分の1ですが3倍配当の遊戯の勝率は3分の1。
2倍のものよりも当たりにくいので、負ける回数も自ずと増えます。
それでも積極的にベットを増やして勝利を狙いにいきますので、当たった時の回収額は相当なものになります。

しかし、マーチンゲール法以上に軍資金やテーブルリミットに注意しなければなりません。
現実的にどうしてもテーブルリミットの問題がありますし、軍資金も決して無限にある訳ではないはずです。
その点を踏まえた上でココモ法にチャレンジするということは、貪欲に勝利を目指す姿勢であるからです。
ココモ法の基本的な考え方
マーチンゲール法がいわば「敗北回収術」であるのに対し、ココモ法は大きな勝利を狙うための「必勝法」です。
ベット術は同じようなシステムとなっていますが、その特性は大きく異なるものであることが分かるのではないでしょうか。

ココモ法は大きな利益を狙えるからこそ

ココモ法は大きな利益を狙えるからこそ
ココモ法は大きな利益を狙えるのは言うまでもありませんが、テーブルリミットや軍資金などの問題も考慮しなければならないと共に、遊べるゲームも選別しなければなりません。

勝率3分の1の遊戯がココモ法が適しているものになりますが、オンラインカジノでも2分の1のものの方が多いです。
バカラやブラックジャックはもちろんですが、ルーレットでもイーブンベットのものは多数ありますが、3分の1のものは実は少数派です。

ココモ法は「どんなギャンブルにも転用できるベット術」ではなく、3分の1のものに特化したものです。
仮にですが、イーブンベットの遊戯でココモ法を仕掛けた場合、賭ける額、配当、勝率のバランスが悪くなり、負債が膨らんでいく一方になります。
もちろんあくまでも可能性の問題であって、運良く連戦連勝する可能性もあります。

とは言え、統計的に見るとイーブンベットの遊戯でココモ法を活用すると、損失が膨らみ、かつテーブルリミットが近付いてしまう傾向にあります。

ココモ法は分かりやすい

ココモ法のメリットとして、改めて「ココモ法を覚える」と力まなくとも、マーチンゲール法さえ理解していればなんとなくどのようなベット術なのかがわかる点にあります。

マーチンゲール法はベット術の基本とも称されています。
その理由は、単純だからということではなく、様々なベット術がいわばマーチンゲール法を応用・アレンジしたものでるからこそです。

ココモ法もマーチンゲール法のベット術とほぼ同じで、負けた際のベットが数式的なものではなく、直近二回の合計になります。
その為、マーチンゲール法の原理さえ理解していればニュアンスを理解して、すぐにでも実践できるのではないでしょうか。

オンラインカジノでもココモ法を試せる

もちろんオンラインカジノでもココモ法を試すことは可能です。

先述した通り、3分の1の勝率のものであればココモ法で大きな利益を狙うことが可能です。
そして、オンラインカジノの3倍のゲームとなるとルーレットが挙げられます。
ルーレットは自由に様々なタイプがありますので、3倍のルーレットを楽しむ際にはココモ法を上手く活用してみると良いでしょう。

また、ココモ法だけに固執するのではなく、状況に応じてココモ法以外のベット術を駆使することで、より大きな利益を狙ったり損失を最低限に抑えることもできます。
その為、ココモ法は「覚えて活用する」だけではなく、他のベット術も覚えてケースバイケースで運用するとよいでしょう。

まとめ

ココモ法はマーチンゲール法から派生したベット術ではありますが、対象ゲームが異なります。
まずはその点を理解した上で、軍資金に余裕をもって臨んでみるとよいでしょう。

また、テーブルリミットについてもしっかりと把握した上で、果たしてチャンスがあるのかを考え、実践するとよいでしょう。
これらの問題を解決した上で挑むココモ法であれば、大きな可能性を秘めています。

コメントを残す