オンラインカジノが合法とされる理由

オンラインカジノが合法とされる理由
オンライン「カジノ」という響きから、違法性を感じる方が一定数いることは事実です。
実際に逮捕される事件も起こっており、そういった根拠から違法性があると感じている方もいるでしょう。

実は逮捕の理由がオンラインカジノそのものではないことや、そもそも日本の法律に縛られない自由な遊戯行為であることも事実です。
今回、違法性と思われる理由を挙げながら、実は違法性がないということを解説し、オンラインカジノの合法性についてお話ししていきましょう。

オンラインカジノで逮捕される事件があったので違法?

オンラインカジノで逮捕される事件があったので違法
オンラインカジノの違法性があると考えている方は京都で2006年に起こった事件から違法があると考えていたり、そもそも日本でカジノをプレイすること自体違法だと考えていたりします。
そんな理由について解説していきましょう。

・京都のネットカフェの事件

2006年に京都のインターネットカフェ「ゴールドラッシュ」という店が、インターネット上のカジノで賭博を行ったとして経営者が逮捕された事件がありました。
類似の業態を取っていたネットカフェが次々に摘発され、オンラインカジノ自体違法だと多くの方が感じた一連の事件の発端でもあります。

しかし、この事件ではオンラインカジノのプレイではなく、店舗で配当金を手渡したことやフィリピンのオンラインカジノが日本人だけでPlayされていたといった問題が逮捕の原因です。
さすがに店舗で配当金を渡してしまっては、オンラインカジノとシステムを使って国内で賭博行為をしている犯罪行為になります。

それに日本人しかプレイしていなかったオンラインカジノは実質日本人のサービスになってしまうので、海外のカジノではありません。
こういったことから、自室あるいは一人で外国人も多く参加するオンラインカジノをプレイし、配当金も直接海外のオンラインカジノから受け取れば問題ないのではないでしょうか。

・そもそもオンラインカジノ自体違法?

オンラインカジノ自体違法と思われがちですが、違法とは言い切れません。
その理由として、オンラインカジノの運営が置かれている国の法律によって規制が行われている原則を挙げます。
日本でもプレイできるオンラインカジノですが、例えば運営元や処理を行うサーバーがアメリカにあったとしたら日本でプレイしてもアメリカの法律の適応になります。

つまり、日本人が海外のカジノで遊んでも帰国後に日本で捕まらないのと同じ理由です。
オンラインカジノは、その運営元の国の多くが現地の法律で合法としており、更に営業許可とも言えるライセンスを発行しています。

そのため、日本からその国にあるオンラインカジノにアクセスして遊ぶこと自体、現地の法律に照らし合わせても違法行為にはならないといえます。
こういった理由から、オンラインカジノ自体は違法では言い切れないのです。

ただ、事件から分かるように、日本人しかいないオンラインカジノや配当金や入金のあっせんを行っている日本の実店舗でプレイすることは違法です。
こういった解釈で、日本国内にいながらオンラインカジノでプレイすることが可能です。

別の意味で違法なオンラインカジノは存在する

別の意味で違法なオンラインカジノは存在する
基本的にオンラインカジノ自体違法ではありません。
しかし、運営のスタイル自体が違法といえるようなオンラインカジノは多くあります。

例えば、出金できない、無免許の営業、第三者機関の認証がないイカサマゲームを提供しているといったものが挙げられます。
これらの別の意味で違法性のあるオンラインカジノについて紹介していきましょう。

・出金ができない

かつて、よくあった違法オンラインカジノとして出金できないという点が挙げられます。
例えば、出金申請をしても応じなかったり、換金サイトの堂々巡りをやらされたり(多くは自分たちとつながりのある換金サービス)といったものです。

こういった出金ができない違法なオンラインカジノも、近年は非常に減りました。
しかし出金条件が非常に厳しかったり、時に不可能な条件を突き付けているところもまれに残っているので事前に出金条件を確認しておきましょう。

・無免許での営業

オンラインカジノも、無免許で営業しているところがまれにあります。
オンラインカジノは、マルタ共和国やキュラソー、ジブラルタル、イギリス(マン島)などからライセンスを受けて運営されています。

しかし、そういったライセンスは検定料や維持費が高く、経営を圧迫することも少なくありません。
これらの理由から、どの国からもライセンスを受けずに営業していることがあります。

こういったオンラインカジノは、とにかく危険です。
出金不能やイカサマ、場合によってはプレイしただけで自分も無許可営業のオンラインカジノで違法な賭博をしたとして摘発されることすらあります。
大手のメジャーなオンラインカジノでは、そういったことがありません。

しかし、マイナーなオンラインカジノではまれにありますから、プレイ前にサイトやネットでライセンスの保持の有無を確認しましょう。

・第三者機関の認証がないイカサマゲームを提供

オンラインカジノは基本的にライブのゲームをのぞき、ゲームのような画面でサービスを提供しています。
こういったゲームに連想されがちなのがイカサマです。

オンラインカジノのゲームは、そういったイカサマをしないように自主規制で第三者機関の厳しい監視を受けています。
しかし、そういったことをしていないオンラインカジノもあります。
こういった所では、違法なイカサマゲームを平然と提供している場合もあるので認証を受けているかもチェックが必要です。

コメントを残す