オンラインカジノは明確に勝率が決まっている

オンラインカジノほどはっきりパーセンテージで勝率が出ているギャンブルはありません。その他のギャンブルは、何らかの人為的な確率操作が加わっています。オンラインカジノの場合は、非常にわかりやすく、第三者機関がある認定した。公平性を持って公平にゲームが進むので、実際のカジノと同じように若干のハウスエッジは取られるものの、決まった勝率に従って戦略を立てていくことができます。


その他のギャンブルにおける勝率の変動

例えば、競馬であれば、馬の体調や当日の天気、騎手の体重や能力、レースが行われる競馬場の場所など、様々な要素によってその結果は左右されます。競輪や競艇など、人間が行うレースであっても同じです。人間の場合はこれに、精神状態の要素も変わってくるので、さらに予想が難しくなり、単純に確率だけで戦略を立てることはできないでしょう。また、パチンコやスロットに関しても単純な確率で勝率を計算できるものではなく、店側が設定している台ごとの当たりやすさや釘の調整など、人間側の設定による勝率の変化というものが生まれます。唯一はっきりと勝率の公表されているギャンブルは宝くじですが、宝くじに関しては、その勝率が2分の1や8分の1などといった分かりやすいものではなく、1万分の1や10万分の1などといった非常に大きな数字を分母としている確率ですので、戦略の立てようがないと言えばない状態です。

オンラインカジノは勝率がはっきりしている

オンラインカジノの場合、そこでプレイされるゲームは全て第三者機関の手によって公平性が保たれています。例えば、めくられるカード1枚を取っても、そこにカジノ側やゲームの制作会社側の意図が入り込む余地はなく、非常に高度な乱数生成システムによってランダムにカードの柄やサイコロの目、ルーレットの結果等は左右されます。
完全にランダムであるということは、確率的に平等であるということが言えます。つまり、ベーシックストラテジーを使うことによってブラックジャックやポーカーでは限りなく勝率50%の勝負に近づけることができるということです。これをもとに戦略を立てていけば、ベッティングシステムと組み合わせることによって、高確率で少しずつの利益をあげたり、50%の確率で大金を得るための戦略を考えたりすることができます。

まとめ

オンラインカジノとその他の日本国内で遊べるギャンブルの大きな違いは、その一つ一つのゲームの勝率が明確に数字として出ているということです。そのため、それを元にした戦略も立てやすいという特徴があります。