イーグルアイ探偵事務所トップ>貞操観念調査

貞操観念調査

調査費用についてはこちら

昨今『今週、妻が浮気します』のドラマが放映されたあたりから、自分の妻は浮気していないのか?と相談が多く寄せられ、妻の行動・素行依頼が急増しました。それに伴い当社では夫・妻双方においての貞操観念の持ち方を調査するため独自に貞操観念調査を開発いたしました。

簡単に言えば旦那様、奥様、婚約者、彼氏、彼女等に接触し、その反応を報告する調査です。事例としまして先日、某携帯電話SHOPでアルバイトしている対象者奥様(32歳)を調査させていただきました。


「目鼻立ちが整って美人な奥様、工作員が数回SHOPに通って顔見知りになり、タイミングを見計らい“今度、食事しませんか?”の連絡先を渡す」むろん、すべては依頼者夫(35歳)の指示となります。連絡がこなければ、そこで調査は終了。しかし、連絡が来て誘いに乗って来るなら「デートして旦那様の不満や愚痴を聞きだし旦那様に報告」。中にはデートしてどこまで許すかを確かめてくれとの依頼も多いのです。このような浮気調査以前の調査が現在、急増しています。心配に思われていらっしゃる方、電話・メールにてお問い合わせ下さい。

イーグルアイ調査・探偵事務所では、親切、丁寧にお客様のご相談をお聞きしています。是非ご相談くださいませ!


人権侵害・部落差別に繋がる調査は一切お受け致しません。

無料ご相談フォーム

貞操観念調査事例(1)

依頼者
大阪府在住 旦那40歳(会社経営)
ターゲット
大阪府在住 妻 40歳(専業主婦)
調査動機
多忙な日々を過ごす旦那様が妻の相手を全くしてない。妻は浮気するのか?
調査難度
調査難度★★★★
調査結果
夕方決まった時間に子犬を散歩させる奥様に対し同じ時間帯に工作員も犬を引き連れて奥様と顔見知りになる。4回目の散歩時に奥様に、それとなくアプローチ。奥様は少し嬉しそうな気配。工作員はそのまま、メールアドレスを聞き出し数回程度メールを交わした後、奥様に食事の誘いメール。奥様から返信は「OK!」。その事を依頼者に報告すると愕然とした様子。

貞操観念調査事例(2)

依頼者
兵庫県在住 男性31歳(食品会社勤務)
ターゲット
兵庫県在住 女性27歳(レストラン勤務)
調査動機
婚約が決まり、「私、昔は遊んでたの!!」。その彼女の一言で調査開始!
調査難度
調査難度★★★★
調査結果
イケメン工作員が彼女の職場にアルバイト員として潜入。それとなしに彼女に近づくと、なんと彼女の方から「今度、食事行こうね」とお誘い。直ぐさま、依頼者に報告すると「食事してデートしてくれと!」との指示。後日、工作員は食事の帰り道で彼女にホテルに誘われ、さすがのイケメン工作員もその場を逃れる為、適当な理由を作り退散。 後日、依頼者に報告すると「婚約は破談します」との事でした。

貞操観念調査事例(3)

依頼者
大阪市内在住 旦那35歳(IT関連勤務)
ターゲット
大阪市内在住 妻 32歳(自宅にてピアノ講師)
調査動機
残業で帰宅が遅い私に不満はないか?
調査難度
調査難度★★★★★
調査結果
女性工作員がピアノ教室に通い始める。数回、通い始めると同じ年齢で同じ境遇である事を告げると、ピアノ教室よりもお茶タイムの方が長くなり、妻は自然と旦那の愚痴を言い始める。女性工作員が「浮気した事ある?」と何気なし尋ねると「ない」の一言。「浮気したいと思う?」の一言にも「旦那を裏切る訳には・・・」 後日、依頼者に報告すると安堵を示し深々とお礼をして帰られました。 帰り際に女性工作員が一言「休日の買い物は奥様に付き合ってあげてください」

▲このページの上部へ